山下美紀 Heavenly Breeze

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌うこと、伝えること

<<   作成日時 : 2016/06/01 01:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

5月もライブやホーダ、パゴーヂ等々、たくさん歌わせていただきました。
聴いてくださった皆さま、ありがとうございました。
ライブの報告はその都度フェイスブック等、SNSでさせていただいているので、
今日は、少し私の胸の内を書いてみようかと思います。

私が今好きで歌っている音楽はブラジル音楽です。
ブラジル音楽、というと日本でよく知られているのはボサノバかな。
私も、10年くらい前はボサノバくらいしか知らなかった。
お洒落なカフェや雑貨屋さんでかかってる音楽、くらいな感じで。

でも、サンバと出逢ってからは
私の中にブラジル音楽がどんどん浸み込んでいって
今ではほぼ毎日、朝起きてから、寝る寸前まで何らかの形で接しています。
ジャンルも今では、サンバ、ボサノバ、ショーロ、MPB、北東部…他にも色々。

私のライブでは、どちらかというと
そういうブラジル音楽にまみれた人達が来てくださる。
演奏する私よりも、もっともっと詳しい人達も来てくださる。
それに応えようと、演奏する曲もどんどんマニアックになっていく…。

よくないですね。

2月に出させていただいたCDは
普段のライブのお客様じゃない方も聴いてくださっていて
中には、CDをきっかけでライブに足を運んでいただいた方もいらっしゃって。
本当に嬉しいことです。

そういう方達にも、もっと私が好きな音楽の素晴らしさを知ってもらいたい!
今、それを強く感じています。

私の歌う歌は、ほぼ全部がポルトガル語です。
英語の曲なら、もしかしたら歌詞の意味がわかるかもしれません。
でも、ポルトガル語は勉強している人じゃないと殆どわからないでしょう。

なるべく歌う前に曲の紹介をさせていただくのですが、
中には、日本語にすることが難しかったり、
あまり言葉に深い意味がない曲もあったり、
全曲全曲、詳しく説明しているとライブの雰囲気が壊れてしまいそうになったり。

私はカントーラ(歌い手)なので、歌詞でその曲を表現します。
だから、ブラジル人の先生についてポルトガル語も勉強しています。
歌詞が重要な位置を占める曲の場合は
その言葉の意味が理解できない人にでも
その曲の内容がわかるように歌わないといけない、と思っています。

でも、悲しい歌詞だから悲しく、
楽しい歌詞だから楽しく…
という一筋縄ではいかないのがブラジル音楽。

実際にブラジル人が歌っているのを聴いていても
悲しい曲なのに、それはそれは楽しそうに歌っています。
あとで、歌詞を訳してみて、え〜、なんでぇ〜!ってなることがホントに多い(笑)

もちろん、悲しい曲を涙ながらに歌うこともありますよ。
サンバ・カンサォンなんかは歌詞をそのまま感情で表現できます。

サンバは難しいな〜。
サンバはできれば歌詞の意味より、リズムを楽しんでもらいたいな。
リズムにノルための歌詞がついていることもあるんです。
だから、リズムに上手くハマるように、私も歌詞を間違わないで歌わないといけません、これが課題!
少しでも噛んだり、つまったりしたらリズムがガタガタになってしまう。
サンバは聴いてると自然に身体が揺れる、その感覚が大事なんです。

歌うこと、伝えることって本当に難しい。

まぁ、母国語じゃない分、その難しさに挑戦していく覚悟でやってるわけだから
朝から晩まで、歌詞と格闘しながらも
ブラジルの美しい音楽を、少しでも多くの人に聴いてもらえるよう頑張ります。

少しずつ、少しずつ
拡がっていけばいいな〜♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌うこと、伝えること 山下美紀 Heavenly Breeze/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる